2
アトリエを構えたいのですが住宅ローンは組めますでしょうか?

受付中 2 回答 66 閲覧 新規借入
住居とは別にアトリエを構えたいと思っています。

アトリエは今迄使っていなかった離れを大々的にリノベーションしたいと考えています。

その為のローンを組みたいと思っているのですが、ローン審査において住居でなくアトリエであることが審査に影響しないか心配しています。

審査に出す前に注意すべき点を知っておきたいのでアドバイスいただけませんでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

回答 2

0

ご質問いただき、ありがとうございます。

住宅ローンを活用してアトリエへの改築をしたいというご質問について、ご参考になれば幸いです。

ある銀行のホームページには、住宅ローンの資金使途として、以下のように記載されています。

ご本人が所有し、ご本人またはご家族がお住まいになる

  • 住宅の新築・購入資金
  • マンションの購入資金
  • 住宅の増改築・修繕資金
  • 中古住宅(マンションを含む)の購入資金
  • 住宅用土地(建物建築計画のある場合)の購入資金

もし、アトリエを趣味でご利用になるのであれば、上記の「住宅の改築」に該当すると思いますので、

住宅ローンで借りることができるでしょう。

一方、事業を営んでいて、その事業活動としてアトリエを利用するのであれば、住居ではなくなるので、

事業性融資として借り入れることになると思われます。

事業性融資と比べて、住宅ローンは低利で借りることができるメリットがあります。

アトリエをどのように利用するかを借入先の金融機関の担当者にお話しして、住宅ローンで借り入れが

可能かご相談されるのがよろしいのではないでしょうか。

お役に立てれば幸いです。

支援ローン事務局2 2019/4/11
1
アトリエへの改築資金を、ローンで調達をしたいということですね。

まずは、どんな資金調達をするのか、ご検討いただくことになります。それから審査について検討することになります。

リフォームによる資金調達は、一般的には住宅ローンかリフォームローンで行うことになります。
どのように使い分けるかは、色々な考え方がありますが、最も単純なのは、借入金額によります。

借入金額が500万円以下の場合は、リフォームローンが検討されることが多いです。
利用される多くは200~400万円くらいが多く、審査が短い、無担保でコストが安いなどのメリットがありますが、借入期間は短く、金利もやや高くなります。借入金額も1000万円をこえると利用できない銀行がほとんどです。

500万円を超える場合には、住宅ローンの利用となるケースが多くなります。ただし、借入金額やリフォームの内容によって、審査対象外となることがあるので注意が必要です。また、住宅の所有者と、債務者が異なる場合も、ローンの借入は簡単にはできませんので。ご注意ください。
支援ローン事務局2のコメントにある通り、事業用のリフォームであれば、まず住宅ローンでの借入は難しいでしょう。
淡河 範明 2019/4/14
...