5
自分で借換の手続をしなくてもいいですか?

受付中 2 回答 88 閲覧 借換
住宅ローンを借り入れたときの金利が2パーセント程度なので、住宅ローンの借換をすると得になることは分かっています。

でも、借換手続が面倒なので、まだなにも行動しておりません。

簡単に借換できるならしてみたいのですが、全部お任せできるとこないですか?

回答 2

4
ローンについてのどんな悩みも専門家が解決するサイト「支援LOAN【シエンロン】」の事務局2号です。

住宅ローンに詳しい方なら、ご自分で調べて手続するのが、納得感もあるでしょう。しかしながら、これから住宅ローンの仕組みを勉強したり、住宅ローン商品を調べて比較することは、かなり手間の掛かることです。

簡単に済まそうとするならば、住宅ローンを専門に取り扱っているファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのが、早道です。いちばん手続が簡単になると思います。住宅ローンを専門に取り扱っているFPであれば、ほとんどの手続をサポートしてくれます。それでも、自筆で記載する必要がある箇所への記入、どの商品を選ぶかの最終判断等は、ひとに任せるわけにはいきません。
支援ローン事務局2 2017/ 8/14
2
他の回答者の説明の通りなのですが、補足します。

自分で必ずやらなければならないことは、次の通りです。
①金融機関、住宅ローン商品の決定
②決定した金融機関への申込手続き
③申込みした金融機関との契約手続き
④現在の借入先への繰上返済手続き

かなり、ご自身でやらなければならないかと思われます。

ただし、以下のような作業を任せることができます。
①商品選択サポート:
数多くある中の金融機関の住宅ローン商品の中から取捨選択するための情報収集は、人に任せた方がはるかに楽できます
②申込手続きのサポート:
金融機関にもよりますが、申込手続きや提出書類のかなりの部分をサポートできます
③契約並びに実行手続きのサポート:
金融機関との交渉や段取りなどをサポートします。

このようなサービスについては、成功報酬方式ですが有料で提供しています。
淡河 範明 2017/ 12/17
...