5
生命保険に入れない場合で住宅ローンを組む方法があれば教えてください。

受付中 2 回答 99 閲覧 新規借入
癌の治療を行っており、生命保険に入れそうもありません。妻は共働きで、息子も働きはじめました。住宅ローンを組む
いい方法があれば教えてください。

回答 2

2
こんばんは。

どうしても住宅ローンを組む必要がおありとあれば、奥様やご子息の名義で

ローンを組むことを検討されてはいかがでしょうか?

状況をお察ししますと、敢えて住宅ローンを組んでお住まいを見直すよりも、

ご自身の治療を最優先していくことが大切な時期なのかもしれませんね。

ご参考になれば幸いです。
松本 一弘 2018/ 8/8
0

現在、がンの治療中ということであれば、団体信用生命保険には加入できません。

「どうしても住宅ローンを利用して建設をすすめたい」というお気持ちなのでしょうが、ほとんどの金融機関は、融資の必須要件の一つに団体信用生命保険の加入を挙げていて、融資を受けることができません。

ただし、団体信用生命保険の加入を義務化していない金融機関であれば、融資を受けられる可能性があります。

フラット35は、団体信用生命保険の加入は義務でありませんし、いくつかの銀行は連帯保証人をつけることを条件に団体信用生命保険に加入しないことを認めています。

つまり、ガン治療中であっても、住宅ローンを組むことができるのです。
あとは、資金計画や物件、個人の問題となります。

もちろん、ご本人以外の方で住宅ローンを申請することも可能です。
 

ただ、住宅ローンが借りられるかどうかだけでなく、将来にわたった返済計画ができいますでしょうか。

治療負担が与える家計への影響、万が一死亡した場合の返済の目途、など検討すべき項目はいくつかあります。

ローンの選択は、将来的に問題がないことが確信できるような資金計画をたてた上でのことなのです。

淡河 範明 2018/ 8/30
淡河 範明 2018/ 10/12 編集
...