5
Uターン転職と住宅ローン

受付中 2 回答 799 閲覧 新規借入
50歳を前にUターンを考えています。

転職後すぐに住宅ローンを組むことは可能でしょうか。

ちなみに、夫婦共働きです。住宅ローンを組むにあたってメリットになりますか。

回答 2

2

こんばんは。

ご年収にもよりますが、転職後すぐに住宅ローンを検討されると審査で

不利になります。

ご夫婦共働きとのことですが、Uターンに合わせてお二人とも転職となりますと

さらに難しくなるかもしれません。

想定される住宅資金と現在の資産との差額をもとに、借入金額を検討する

ことになりますが、もしかしたらUターン先では想定よりも住宅資金が小さく

済むかもしれませんのでよくご検討ください。

老後の不測の事態に備えて、住宅を購入せずに賃貸にして流動資産を増やす方が

良い場合もございます。

ご参考になれば幸いです。

松本 一弘 2018/ 8/8
2

ご質問ありがとうございます。

Uターンして直ぐに住宅ローンを借りたいというご様子ですが、なかなか難しい面もございます。しかしながら、昨今は、条件が合えば借入れることが可能なようです。

年齢が50歳に近いということで、十分な収入を得られる期間が短くなるため、不利になる部分もありますが、一般的には25年以上は働いている年齢ですので、ある程度の蓄えがあるのではないでしょうか。ご夫婦で住宅購入価格の半分程度の蓄えがあれば、問題ないかもしれません。また、Uターンということで、既に土地が用意されていて、建物の費用だけ借入という場合には、土地も担保として提供することにより、審査が通る可能性も高くなるのではないでしょうか。

ご夫婦で共働きをされるとのことですので、収入的にはプラス効果がありますが、転職直後ですと、その問題が解決されないですね。無理な話かもしれませんが、お二人ともが転職されるのではなく、どちらかがUターン先の支店への転勤ができるといいですね。

また、今までの職歴として、転職を繰り返しているのか、ある程度の期間腰をすえて勤めてきたのか、また、新しい仕事は今までの職歴(スキル・経験など)を活かした仕事に就いているのかなど、審査上の判断材料にしていることもあるようです。

また、50歳近いということで、健康状態も心配ですね。団体信用生命保険に加入できない場合には、民間の金融機関では借入が難しいのではないでしょうか。

金融機関としては、担保の処分を含めて、貸し出したお金を確実に回収できるのかどうかということなりますので、様々面から審査されていると思います。

Uターンの準備をされているということですので、Uターン後の家探しと同時に、住宅ローンの準備を本格的に開始されてはいかがでしょうか。

住宅ローンの専門家も、全国的なネットワークを持っていますので、Uターン先の地方銀行などの情報ももらえる可能性があります。早めに相談されることをおすすめします。

当サイトの専門家はこちらから!

支援ローン事務局2 2018/ 8/15
(株) システム・クリエート・センター
住宅ローン【フラット35】の住宅金融支援機構
ずっと固定金利の安心【フラット35】
...