1
得する人と、損する人はどんな人ですか?

受付中 1 回答 73 閲覧 新規借入
住宅ローンの借り換えを検討しています。

住宅ローンの役立つ情報をよく読んでいます。

支援LOANニュースの楽しい歌や動画も楽しく拝見させていただいております。

一般的に借り換えで得する人はどんな人でしょうか?

また、借り換えで損する人はどんな人でしょうか?

よろしくお願いします。

回答 1

1
借換えをするなら、得をするかどうか最も知りたいことでしょう。

現在の借入金額が全期間固定金利で、、借換え後も全期間固定金利にするのであれば、得するか損するかを簡単に答えることができます。

現状の金利と借換後の金利が0.5%以上高ければ、ほぼ得をすると思われます。もちろん、借入残高や残存期間によっても異なるので、ご注意ください。

現在借りている、またはこれから借り換えるローンの金利が、変動金利や固定期間選択型となる場合は、結果は完済するまでわかりません。

例えば、現在の金利が1.5%の全期間固定金利で、変動金利0.5%に変更するとします。もちろん、当初は確実にメリットがでますが、将来金利の上がる幅やタイミングによっては、メリットがなくなるどころか、マイナスになってしまう可能性があります。金利差が1%ありますが、その金利差を超える金利上昇となると、確実に損をすることになるでしょう。

統計を見ると、「金利は上がらない」「金利が上がったらまた借換えすればよい」などといって、変動金利を選択する人が多いようです。それらの人は、現在の借入条件にもよりますが、今後の金利上昇幅によって、得をしたり損をしたりする、ということなのです。

上記の例であれば、金利が1%以上上昇すると、損をするかもしれない人といえますす。もちろん、そこまで上昇しなければ、得をするかもしれない人、ということです。

これまでの10年で、変動金利は1.3%以上の低下をしていますので、これからの10年で1%以上上昇する可能性は十分にあると思われます。ただ、あくまでも過去の実績が将来を保証する訳ではないので、何ともいいがたいのです。
淡河 範明 2018/ 8/29
1コメント
ジェントル 2018/ 8/30
なるほど。借り換えたタイミングだけ考えていましたが、将来のことも考えると一概に得になるとか、損になるとは言えないんですね。
すごく勉強になります。
...