2
銀行に行って相談する時にどのような書類があると良いのでしょうか?

受付中 1 回答 71 閲覧 借換
住宅ローンの借り換えを検討しています。

インターネットの広告で、自分が借りている金利より
低金利があると借り換えた方が良いのか考えてしまいます。

共働きなので奥様にも収入があるのですが、銀行に行って相談する時にどのような書類があると良いのでしょうか?

回答 1

2

正直にいえば、銀行に行って相談するべきではありません。

銀行に相談に行けば、借換えのメリットがでるかどうかを計算してくれます。
しかし、必ず自社の商品のみを紹介するでしょう。

その商品がベストである可能性はかなり低いものと思われます。

従って、銀行に行くのは、商品を決定した後に行くべきです。つまり、申込や契約の時だけでよいのです。

最近では銀行に訪問することなく、すべてネットで完結することができます。

相談するのは、専門家にするのがよいと思います。専門家の中でも、金融機関を限定しないで提案するところを選択すべきです。なぜなら、住宅ローンは数万種類以上あり、なかなか選択するのは難しいからです。

選択をミスすると数百万円の差がつくこともあるので、相談相手は慎重に選びましょう。

相談する場合には、現在住宅ローンの明細、源泉徴収票、その他の借入金明細は少なくとも必要です。
現在の住宅ローンの明細がなければ、現在の借入先に再発行を依頼しましょう。

淡河 範明 2018/ 8/29
1コメント
ジェントル 2018/ 8/30
「銀行に行って相談するべきではありません。」とはズバリ!ですね。
確かに、相談するとその銀行の商品を売り込まれてしまいますね。そこまで考えていませんでした。
住宅ローンの借り換えの専門家に相談してみようと思います。
その方が親身になって相談にのってくれそうでし、メリットデメリットも教えてもらえそうですね。
ありがとうございました。
...