2
親からの住宅購入資金の借入額も借換え可能か

受付中 1 回答 41 閲覧 新規借入
3,700万円(諸費用込み)の新築物件の購入を考えております。現在の住宅ローンの借入可能額が3,200万円のため、500万円程度を親から借り入れを予定しています。

転職したばかりということもあり、3,200万円の借入についてもフラット35で金利が高いため、当初金利の引き下げ期間終了後に別の金融機関のローンへ借り換えを検討しております。

借り換えの際に、以前の金融機関から住宅ローンとして借りた金額とあわせて親から借りた金額についても一括で返済したいのですが、可能なのでしょうか??

金融機関から住宅ローンとして借りた金額のみしか借り換えの対象とならないと考えているのですが、認識に間違えないでしょうか??

回答 1

1

ご質問者の認識通り、一般的には、借り換え前の住宅ローンの借入額が、借り換え住宅ローンの借入額となります。

ただし、借換えにかかる諸費用については、借入金額に含めて借入れすることができる場合があります。

また、借り換え時にリフォームをする場合には、リフォーム費用を含めて借りられる商品もあるようです。

ーーーーーーーー

住宅金融支援機構のフラット35の説明

借り換え時の借入額

  • 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)で、「借換対象となる住宅ローンの残高※」または「機構による担保評価額の200%」のいずれか低い額まで

    ※ 以下の諸費用を含めることができます。

    (1)金銭消費貸借契約書に貼付する印紙代(印紙税)
    (2)【フラット35】借換融資を利用する際の融資手数料
    (3)抵当権の設定および抹消のための費用(登録免許税)
    (4)抵当権の設定および抹消のための司法書士報酬
    (5)適合証明検査費用(物件検査手数料)
    (6)借換前の住宅ローンを全額繰上返済(完済)する場合に発生する繰上返済手数料および経過利息
    (7)火災保険料(積立型火災保険商品に係るものを除きます。)・地震保険料(借換えの際に新規で保険契約する場合に限ります。)

ーーーーーーーー

三井住友銀行のWEB申込専用借り換えローンの説明(2020年10月1日現在)

3. ご融資資金の   お使いみち

ご本人のご自宅に係る現在お借入中の住宅ローンのお借換資金、 お借り換えと同時に行うリフォーム資金(最大500万円)

*すでに当行でお借り入れのローンを借り換えすることはできません。

 *他のローンとの併用はできません。

4.ご融資金額

100万円以上1億円以内(10万円きざみ)

ーーーーーーーー

なお、借り換え時には諸費用(借り換え手数料を含む)がかかりますので、これらも含めた借り換えシミュレーションをすることが大切です。

ご参考になれば幸いです。

支援ローン事務局2 2021/4/12
...