「正直不動産」マンガで学ぶ不動産業界 住宅の購入で騙されないように

住宅ローン ニュース シェンロン 昨今、住宅ローンの不正利用の話題が新聞などで報道されています。また、報道によると、フラット35の不正利用について国土交通相が再発防止を指示したようです。
住宅ローンの不正については様々な方法が知られていますが、住宅ローンの資金使途として認められていない投資用不動産の購入に使用したり、住宅購入価格を不正に大きく見積もって借入額を大きくしたりするなど、以前から行われていました。
このような不正は、発覚すれば借入先の金融機関から一括返済などを求められます。不正の内容が借入時の契約に違反していることにより、契約により期限の利益を喪失し、一括返済を求められるということです。
このような場合には、一括返済を求められても資金的な余裕があるわけではないので、ほとんどの人は一括返済出来ないでしょう。そうすると、ローンの組み直しや、住宅の売却、最悪な場合には自己破産、ということになりそうです。

マイホームは一生のうちで最も高額な買い物です。皆さん、慎重に取引をされるので、騙されたりすることはないでしょう。でも、それでも心配ですね。

今回紹介する「正直不動産」と言うコミックは、住宅ローンだけではなく住宅売買の全般に関する内容です。不動産業界で、どのようなことが行われているのでしょうか。「正直不動産」というコミックを通して少しばかり不動産業界の一面を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

住宅ローンQ&A  住宅ローン専門家

 

コミック「正直不動産」

住宅ローン シェンロン 正直不動産 マンガ 漫画「正直不動産」という漫画は、不動産会社の営業マンが“嘘をつけなく”なってしまい、それでも不動産の営業をやり続けながら、それなりの成果を上げていく設定となっています。このような設定自体が、不動産会社の営業担当は嘘つきばかりしかいないということになりますが、実際はどうなのでしょうか、誠実で正直な営業マンも多いと願いたいですね。

「正直不動産」で学ぶ不動産業界

「正直不動産」はマンガを読みながら、小難しい不動産の知識を、気軽に得ることができます。また、不動産の営業で使われる売るためのテクニックを知ることができますので、そのテクニックを理解して不動産の営業担当とお付き合いすることができるようになります。
また、昨今、世間を騒がせている不動産問題の理解が深まります。例えば、他人の土地を使って商売をする地面師、20年間の収入が保証されていると勘違いしてしまうサブリースなど、何気なくニュースで聞き流している話題への理解が、より一層深まります。
そのうえ、知識習得用の学習マンガではありませんので、よくある参考書的な難しい内容がそのままマンガになっているわけではありません。あくまでも、面白いストーリーが主体であり、そのストーリーを楽しく読み進むなかで、不動産に関する知識が身についていきます。

試験にチャレンジする前に

ほとんど知識がない状態から、宅建や司法書士などの不動産売買に係る試験勉強をされる方などは、気軽に周辺知識が得られること請け合いです。
自宅を売買するときぐらいにしか意識しない不動産の知識が、ストーリーの中で自然と頭に入ってきます。不動産売買について、大雑把に全体的に理解が進み、さらに不動産に対する興味が湧いてくるので、専門的な参考書を読む前の副読本としてお勧めできます。

「正直不動産」の原案の作成者の紹介

「正直不動産」の原案は夏原武さんが担当しています。夏原武さんは、「クロサギ」という詐欺師(シロサギ)をカモにする漫画の原案も担当していました。ご存知の方も多いかもしれませんが、「クロサギ」はテレビドラマ化もされていて、山下智久の初主演作としてTBS系金曜ドラマ枠で放映されていました。

正直不動産(1)

タワマンの一室、ちょっとセクシーな画から始まります。
◆サブリースの話、20年等の家賃保証で安心すると酷い目にあうかもしれません。
アパート賃貸物件を回転させる敷金礼金泥棒の話、相場より安いものには何か訳があります。
◆不動産媒介契約の種類(専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約)と仲介手数料の両手・片手の話、理解しておくに越したことはありません。
◆中間省略登記に関する話、不動産を買うとき、不動産を売るとき、どちらにしろ最終的にいくらで売買されたか知りたいですよね。当然、不動産会社には手数料を払うことになるのですが、法外な手数料を払うことには納得できません。

正直不動産(2)

住宅を手放す高齢者の心情は・・・?、中間省略登記の後半からです。
◆建築条件付き土地の売買の話、建築条件付き土地のことを施工会社が決まっている注文住宅と同じことと考えていると少し違うかもしれません。
◆瑕疵担保責任と住宅の品確法の話、住宅を購入するときには、瑕疵担保責任や品確法の存在程度は知っておいた方がよさそうです。

今回は、「正直不動産」の一巻と二巻を紹介させていただきました。機会がありましたら、「正直不動産」の三巻以降を紹介させていただきます。

 

 

~ おまけ70 ~

頭金
無き悲しさよ
さようなら
フラットならば
あなたにも乙

 

~ おまけ69のもと ~

昔見し
象(きさ)の小河(をがわ)を
今見れば
いよよ清(さや)けく
なりにけるかも
巻三(三一六)
大伴旅人

 

 

前のおまけ住宅ローンQ&A シェンロンシェンロン 専門家次のおまけ住宅ローン ニュース シェンロン

 

 

 

 



みんなの評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (26 投票, 平均点: 4.92)
Loading...
※5段階の簡単評価です。
★を選択することで誰でも点数が付けられますので「ポチッ」とお願いします。

「正直不動産」マンガで学ぶ不動産業界 住宅の購入で騙されないように” に対して 3 件のコメントがあります

  1. より:

    最近更新されませんが、楽しみにしております。

  2. butifoku より:

    最近、更新がないようですね。

    いつも楽しみにしてます!

    1. 4enloanNews-master より:

      楽しみにしていただいていて、大変ありがとうございます。
      頑張りますので、大きな心で、お待ちいただければ光栄です。
      こんな感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 11 =