教えて!住宅ローン マイホーム資金の質問に 専門家が無料で回答

シェンロンQ&A  シェンロン専門家

 

シェンロンニュース

            
 今回ご紹介するサイトは、住宅ローンに関して、皆さまが疑問に思っていることや、聞いてみたいと思っていることを、無料で専門家に質問できるサイトです。なるべく具体的な質問をすれば、より詳細でためになる回答が得られますので、個人情報を記載しないように注意し、ぜひ具体的な質問をしてみてください。

 Q&Aサイトという公開の場ではなく、個別に専門家と相談したい場合には、このサイトの専門家一覧ページにある『専門家へ直接相談する』ボタンからプライベートにメッセージを送ることもできます。

 それでは、これまでの事例のなかで、皆さまにもお役に立つQ&Aをご紹介します。

 

 

住宅ローン新規借り入れ

 

・土地購入から 注文住宅を 住宅ローンで 建てるのに おすすめの銀行は?

 住みたい場所に新しく土地を買って、自由設計による注文住宅を建てることは、素晴らしいことです。しかしながら、建売住宅を購入するのとは違い、土地購入資金、着工金、竣工時金などを工面しなければならないという苦労があります。その辺りについて、丁寧に回答していただいています。<土地購入から 注文住宅を 住宅ローンで 建てるのに おすすめの銀行は?

 

・独身でマンション購入する場合のポイント

 独身のかたが、マンションを購入する場合に参考になる回答が記載されています。回答は一般的な内容なので、実際にマンションの購入を検討されているかたは、もう少し具体的に相談してみてはいかがでしょうか。<独身でマンション購入する場合のポイント

 

・持病があると団体信用保険が組めない?

 このサイトの専門家は、お医者さんでもないですし、生命保険の審査に詳しいわけでもありません。こんな持病があるけど団信に通るのかという質問よりは、このサイトでは、団信に入れなかったときに、どのような代替策があるのかなどについて、具体的に相談してみるのも良いかも知れません。<持病があると団体信用保険が組めない?

 

・住宅ローンをたくさん借りたほうが儲かるって本当ですか?

 この質問は興味深い内容ですね。多くの場合は、余分な借り入れはしない方がよいことは確かです。しかしながら、あるパターンに当てはまる場合は、住宅ローンを多めに借り入れた方が得になる場合があるようです。あなたが、もしパターンに当てはまれば、検討してみるのもよいでしょう。<住宅ローンをたくさん借りたほうが儲かるって本当ですか?

 

・住宅ローンは変動金利とか、固定金利とかありますが、結局どっちがお得ですか?

 住宅ローンを組むときに、どのような金利タイプの商品にするか悩みますね。単純に一番低い金利を選んでしまうのも考えものです。Q&Aでは、具体的な質問ではなかったため、一般論的な回答しか得られていないようです。もう少し具体的な突っ込んだ質問をしてみると、もっと役立つ情報を得られるかもしれません。<住宅ローンは変動金利とか、固定金利とかありますが、結局どっちがお得ですか?

 このシェンロンニュースでも、固定金利と変動金利に関連した話題を取り上げていますので、参考にしてみてください。(変動金利から固定金利に切り替えるタイミングは

 

教えて 住宅ローン

住宅ローン借り換え

・フラット35 からフラット35 に借り換えできますか

 質問の題となっている「フラット35からフラット35」への借り換えは可能です。ここでの質問の内容は、「もうすぐ金利優遇期間が終了してしまい借入金利1%高くなるため、どうにかして今の低い金利に借換えをして、毎月の返済額の増加を回避できないか」という相談です。具体的な内容となっているため、同じように優遇金利の期間が終わりそうな時期にきている人にとっては、かなり参考になる内容となっています。<フラット35 からフラット35 に借り換えできますか

・住宅ローンの借り換えで損することはある?

 ここでは、ご自分の借入状況を簡単に記載して質問しているだけで、かなり具体的に回答してもらっています。せっかく借り換えしたのに、損してしまうのは嫌ですよね。でも、現時点での少しの損を確定させて、将来の大きな損を回避することができるのであれば、一考の価値ありかもしれませんね。<住宅ローンの借り換えで損することはある?

 

・住宅ローンを借りたいけど、転職したい

 家族が増えて、マイホームを購入したい、そのための収入アップを狙って転職をしようと考えるかたもいることでしょう。その場合に、転職が住宅ローンの審査にどのように影響するかは気になるところです。<住宅ローンを借りたいけど、転職したい

 

・住宅ローンの借り換えを手数料等も含めて比較したい

 住宅ローンの借り換えをするときは、今後支払わなければならない毎月の返済額や総返済額を比較することになりますが、借り換えのときに一時金として必要となる手数料などの諸経費も含めて比較することが大切です。また、退職金などのまとまった額の収入が見込める場合には、そのようなことまで考慮したシミュレーションもしてみましょう。<住宅ローンの借り換えを手数料等も含めて比較したい

 

・住宅ローンの借換はどこに行けばいいですか?

 住宅ローンの借り換えをしたいけど、どこに相談すればよいかわからない人や、そもそも借り換えをした方が得なのか分からない人がいらっしゃると思います。思い切って、このサイトで質問してみてはいかがでしょうか!<住宅ローンの借換はどこに行けばいいですか?

 

教えて 住宅ローン

住宅ローン専門家との個別相談

 公開の場ではなく個別に専門家と相談したい場合には、専門家のページにある『専門家へ直接相談する』ボタンからプライベートにメッセージを送ることもできます。このメッセージ機能も無料で使用で使用することができます。専門家の一覧ページから、気に入った専門家を選択(名前をクリック)して、専門家の個別ページにある『専門家へ直接相談する』ボタンをクリックしてください。

 質問に回答してもらった専門家と、「具体的な数字を提示して相談したい」、「電話で相談してみたい」、「直接会って相談したい」という場合はもちろんのこと、自分はQ&Aで質問していないけれど、他の利用者への専門家の回答をみて個別に相談してみたくなった場合でも、是非、活用してください。

 いちども質問をしたことがない人など、まだユーザー登録をしていない場合には、『専門家へ直接相談する』ボタンを押したあとに、ユーザー登録を促すメッセージが出ますので、手順に従ってユーザー登録をしてください。ユーザー登録画面では、「ニックネーム」、「メールアドレス」、「パスワード」のみの入力すれば、入力したメールアドレスへ確認のメールが届きます。

 SNS(Facebook、Twitter、Google)と連携した簡単ユーザー登録/簡単ログインにも対応しています。

 

住宅ローン 専門家

~ おまけ13 ~

シェンロン おまけ

印を押す
つかのま夢に
闇ふかし
身捨つるほどの
わが家はありや

 

~~ おまけ12のもと ~~

ありがとうのかんづめ 子育て短歌ダイアリー [ 俵 万智 ]

 子どもあてのダイレクトメール増えゆきて

今度の春は小学生か

前のおまけ住宅ローンQ&A シェンロンシェンロン 専門家次のおまけ住宅ローン ニュース シェンロン

 



みんなの評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (72 投票, 平均点: 4.94)
Loading...
※5段階の簡単評価です。
★を選択することで誰でも点数が付けられますので「ポチッ」とお願いします。

教えて!住宅ローン マイホーム資金の質問に 専門家が無料で回答” に対して 2 件のコメントがあります

  1. しのぶ より:

    住宅ローンを支払い中なのですが、購入五年めくらいに主人の転職に伴い支払いがきつくなり、支払い年数を10年延長してもらいました。完済は75歳です。現在は59歳で本来なら65歳で完済予定でした。金利が安くなり何度も借り換えを希望したのですが、審査が通らず、ずっと、支払い続けてます。金利もさがり条件変更したいのですが、延滞や他のローンでも、とどこおっていないのに、借り換えができない理由がわかりません。このまま完済まで支払わないとダメなんでしょうか?ちなみに借りた所は昔の住宅政策金融公庫です。宜しくお願い致します。

    1. 事務局 より:

      ご質問いただき、ありがとうございます。

      教えてシェンロンQA サイトに転記しておきましたので、そちらをご覧ください。

      https://4en.loan/oshiete/index.php?qa=questions

      「返済期間を延長した住宅ローンの借換について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =